こんにちは!めいパパです。

みなさんは今の愛犬とどんな出会い方をしましたか?

他のワンちゃんのオーナーさんと話していると、誕生日が同じだったり、何かしらの運命を感じた方が多く、

「なんか不思議だな~」と感じたというのもあり、唐突ですが愛犬のめいとの出会いを紹介します。笑

出会い

仕事に忙殺されていた私達夫婦はよく近所のペットショップに行っては、子犬を見たり、抱いたりして癒されてました。(結構迷惑な客ですねー笑)

当時私は、まだフリーランスになる前で勤めていた会社の仕事にあまり価値を見出す事ができず、すごく悩んでました。

妻も仕事の重圧が激しく、「癒されたい」が口癖のようになっていました。






それは木枯らしが吹く11月某日。

ストレスMAXな二人はいつものようにペットショップに行き、子犬を触らせてもらってました。

それは妻が他のワンちゃんを抱っこしている時です。

・・・わたちに

※画像クリックでめいの心の声が・・・



「・・・」


なんとも言えない視線を感じました。

なんだ?

周りを見渡してもこちらを見ているスタッフはいませんでした。

わたちに気づいて・・・

「・・・」


視線の主に気づいてしまいました。

「大きくなった犬専用」サークルで、他の犬とは戯れずジッとこちらを見つめているワンちゃんがいる事を。。。

表情は一言で言うと「無」

ベロを出すでも甘鳴きする事もなく、むしろちょっとびっくりしているような表情。笑

何を考えているかさっぱり分からない表情ですが、ひたすら見つめてくる感じが愛らしく、妻も共感し抱っこさせてもらえる事に。

普通は膝の上でプルプル震えたり、指を甘噛みしたり、顔をなめたりするもんですが、ヤツは違いました。

・・・たのちくないです。

※画像クリックでめいの心の声が・・・

その手を離ちなちゃい・・・(鼻からの溜息)

画像はお迎え後のものですが、この「無」の表情。笑

1枚目とか視線が冷たすぎませんか?笑

当時も私の膝の上でぺターンと大の字になりくつろぐのですが、顔を覗き込むとこの表情。。

視線もなるべく合わせないようにされました。

フレブル特有の愛嬌っていうんですかね、そのギャップにメロメロになり、またそのワンちゃんの誕生日が妻とゆかりのある日と同じという事に運命を感じ、半ば衝動的に、

「家族として迎え入れよう!!」

となりました。

他のオーナーさんの参考になりそうな出来事をこのサイトでUPしていこうと思います。

フレンチブルドッグの女の子で、とてもおてんば娘です。

2018年7月で1才になりました。

よろしくお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村