こんにちわ!ブルっちょです。

フレブルオーナーさんは特に愛犬の発疹にお悩みではないでしょうか?

我が家のめいも気づいたらお腹のあたりによく赤い発疹が出ています。

当時どのように対応したかのご紹介です!

生後7、8ヵ月後あたりから発疹が・・・

めいといつものようにロープの引っ張り合いっこをしていた時、

じゃれてひっくり返っためいのお腹に、赤いブツブツを発見!

実際の症状

発疹の症状
※画像クリックで拡大

こんな感じでポツポツと赤い発疹が腹部に出始めました。

本人はかゆがっても、痛がってもないのですが。。。

気になるので調べてみた!

「発疹」で検索してみると、疑わしい病気はこんなにも。。

  • 膿皮症(ろうひしょう)
  • アトピー性皮膚炎
  • ノミアレルギー性皮膚炎
  • 疥癬症(かいせんしょう) etc…


  • 私は獣医ではないので、詳しい症状などは割愛させて頂きますが、

    原因がノミ・ダニ、アレルギー、ストレスなど複数あり、

    普段の生活を思い出してみても、ピンとくるものがなく。。

    ただ、場合によっては全身に広がる可能性もあるらしく、
    早速かかりつけの病院で診てもらいました。     

    結果は・・・

    幼児性の発疹で、フレンチブルドックの子供にはよくあるとの事。

    デルモゾールG軟膏という塗り薬をを処方して頂きました。

    処方された塗り薬
    ※画像クリックで拡大

    アレルギーなのかノミ・ダニが原因なのか現段階で詳しい事は分からないとの事でしたが、
    ちょっとホッとしました。

    こちらステロイド剤で5段階中、上から2番目の強さがあるみたいです。

    長期利用はなるべく控えたいところですね。。

    とりあえず、毎日1回患部にヌリヌリして、様子見する事になりました。

    めいも薬を塗られている時間はなぜか気持ちよさそうです。笑


    <薬を塗られる前>
    薬を塗られる前のソワソワ
    ※画像クリックで拡大



    <薬を塗られた後>
    薬を塗られた後のくつろぎ
    ※画像クリックで拡大

    おっさんかな笑

    毎日寝る前にヌリヌリした結果。。

    やはり薬の力は強いですね~!

    どれどれ・・・・ん?

    薬塗布4日目

    発疹が出たところは薬を塗布して3日目ぐらいには
    目立たなくなったのですが、
    別の場所に出てきてます。。

    ※カサブタになっている所が薬を塗っていたところで、
     左下に新しく2つでき始めています。昨日はなかったのに・・・
     

    後日談

    発疹が出た部分に軟膏を塗るとその部分は目立たなくなるのですが、

    またしばらくすると別の場所に出てきます。。

    さらに1才になり体の成長が止まった今でも1週間周期でポツポツ出ます。
    本当に幼児性の湿疹なんだろうか・・・。

    一度エサを変えたタイミングで多めに出ましたが、その後変えたエサを食べ続けていましたが発疹はおさまりました。

    根本原因が何なのかが分からないのが、飼い主として悔しいです。
    今後も日頃のボディチェックをかかさずやっていきます!

    後日談のその後

    現在我が家ではこんな使い分けをしています。

    1.発疹がない ⇒ 何もしない。

    2・薄い発疹もどきが出た場合 ⇒ マイクロシンAHのハイドロジェルを塗布。

    3.頑固でなかなかなくならない発疹 ⇒ ステロイド。

    マイクロシンAHのハイドロジェル

    ※クリックで拡大

    ハイドロジェルは100%天然成分ですが、洗浄、除菌、保湿、傷のケアができるすぐれもので、膿皮症の原因となるブドウ球菌を30秒で99.999%死滅させるそうです。
    (インビトロ試験より)

    現在ではほぼステロイドを使用しなくなりました。
    おすすめですよ!

    ではでは~✋

    にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
    にほんブログ村